メディテーションブリージングヨガ
Jasmine
渡辺 有優美のブログ

欲求の段階 (マズローの欲求段階とヨガ)


アブハム・マズローというひとが唱えた

欲求段階説をご存知でしょうか?

アメリカの心理学者

1908年4月1日ー1970年6月8日

人間の自己実現を研究対象とする「人間性心理学」の最も重要な生みの親とされている。欲求の5段階説(欲求のピラミッド)を主張したことで知られる。

人間の欲求はピラミッドの様な構成になっており、低階層の欲求が満たされると次の1段階上の欲求を志すという理論のことです。

人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が充たされると、より高次の階層の欲求を欲するというものです。

まずは、

第一段階:生理的欲求(食べる・寝る・空気など)

細かく分類すると、

酸素

食事

飲みもの

睡眠

など人の生命維持に関わるものが生理的欲求にあたります。

これば満たされていないと、

人は次の段階に進めないそうです。

次は、

第二段階:安全欲求(生存を脅かされないこと)

飢えなどの生理的欲求がある程度満たされると、この「安全の欲求」が現れてきます。

身の安全

身分の安定

他人への依存

保護された気持ち

不安・混乱からの解放

秩序や法

などを求めるのが安全の欲求といえます。

マズローによると、生理的欲求と同じくらい安全の欲求は強いものだとされています。

今生命の維持と安全が確保されているので、次の段階に進めるのです。

第三段階:社会的欲求(何かのコミュニティに帰属していること)

生理的欲求と安全の欲求が満たされると、「所属と愛の欲求」が現れてくるそうです。

孤独を避ける

家族や恋人、友達、同僚、サークル仲間などに依存したいという欲求

周囲から愛情深く暖かく迎えられたいと思う気持ち

以上のようなものが「所属と愛の欲求」になります。

私たちは、一人で生きてはいけないというより本能的に安心する場所を探しているのです。

第四段階:認められたい、尊敬されたいという欲求

自己の自己に対する評価の欲求

強さや達成、能力への自信、独立する。

自由になるなど、自己をより優れた存在と自分自身で認める欲求

他者からの評価に対する欲求

地位、名誉、承認、などを求める欲求

この2つの承認の欲求が満たされると、自分は世の中で役に立つ存在だという感情が湧いてきます。

逆に満たされないと、焦燥感や劣等感、無力感などの感情が現れてきます。

人より優れているという自己承認欲求もここに入ります。

 最後に到達するのが、、

第五段階:自己実現欲求

あるべき自分になりたい

何者でもない自分自身でありのままでいたい

という欲求です。

つまり生理的欲求が満たされていたら、より安全欲求を求め、安全欲求が満たされれば、社会的欲求を求めるといった形で上位の欲求へ上がっていきます。

1-5番の優先順に並んだ欲求は、低いものから順番に現れ、その欲求がある程度満たされると、次の欲求が現れてくるそうです。

そして、どの階層の欲求に取り組んでいるかと、その人の心身の健康度は比例するそうです。

欲持つことを悪いことだと捉えがちですが、マズローによると、人間が一定して持つ基本的欲求から生まれる欲望は決して悪ではありません。

欲求を抑えるよりも、満たして段階をあげていったほうが、より健康になり、より生産的になり、より幸福になることができると考えられています。

ここまで読んで

納得される方もいると思います。

安全性が確保されない地域では、伝染病が流行ったりします。

最低限の貧困から抜け出さないと、

犯罪も多くなり、夢を追い求めることや教育に目を向けなくなります。

マズローによると5番目の「自己実現の欲求」は2つの階層に分かれることが分かっています。

このことから、

自分の段階を把握し、

心の健康と精神的な健康に今あるのであれば、

感謝すべきと思うのです。

人間関係につまずいてる人、それは

自分の段階がレベルアップしている証拠なんです。

もしかしたら、マズローは

そんなことを言いたいわけではないかもしれませんが、、、

※ちなみに、マズローは晩年、5段階の欲求階層の上に、さらにもう一つの段階があると発表しました。

それは「自己超越」という段階。このレベルに達している人は人口の2%ほどだそうです。

「目的の遂行・達成『だけ』を純粋に求める」という領域で、見返りも求めずエゴもなく、自我を忘れてただ目的のみに没頭し、何かの課題や使命、職業や大切な仕事に貢献している状態だといいます。

あなたもわたしもまだその状態に達していないならば、苦悩があるのは

当たり前の状態なわけですね。

ヨガにも段階があります。

まずは、ヤマ、ニヤーマ。

(こちらについては、

またの機会に)

それが出来てから

ハシゴを

上に登るのです。

さて、

登ったり降りたりしながら

色んな欲や苦悩を味わいながらも

人生のハシゴを楽しみたいと思います。

ティーチャートレーニングで使っている

テキストのお写真です。

出典

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/自己実現理論
ラージャヨガの段階
https://www.motivation-up.com/motivation/maslow.html

LINK

書籍

マインドフルネス瞑想で自分らしく生きる!(MyISBN - デザインエッグ社)渡辺有優美(著)

マインドフルネス瞑想で自分らしく生きる!(MyISBN - デザインエッグ社)渡辺有優美(著)

Jasmine

タイブランド Jasmine のプロデュースをしています

タイブランド Jasmine のプロデュースをしています

PAGE TOP