メディテーションブリージングヨガ
Jasmine
渡辺 有優美のブログ

マインドフルネス瞑想をする時の手の形と私とエゴについて

マインドフルネス瞑想をするときのおすすめの手の形とわたしとエゴについて

親指と人差し指で輪っかを作るこの手の形は、ヨガのレッスンの前後でいつも行っています。

何故マインドフルネス瞑想の時にこの手の形をするのか?

を今日はお伝えしたいと思います(^^)

手を使う動作は、右脳との関わりが深いとされています。手は脳から出ているとも言われます。

それは、思考より前に、手を使うことが多いことでも分かります。驚いた時や咄嗟に転んだ時に手をついたり動いたりしますよね。

仏像などを拝観するだけでも、知らずにムドラーの影響を受けとっています。観ている人にも同様の脳の刺激が伝わると云われているんです。

ムドラーとは、印という意味があり、ヨガのポーズや呼吸法、瞑想の際にムドラーを使うことでより体験を深めてくれると言われています。

そして「チン」には、意識 という意味があり、このチンムドラーを見せることで、

私は意識とともにある

ということを表します。

このチン・ムドラーは、日本やタイでは仏像の手の形としてよく目にするムドラーです。

チンは智慧の意味で、仏教では、この形を智慧の「思う・考える・注意する」の意味です。

下に向けるときは、ジニャーナムドラーと呼ぶこともあります。

このチンムドラーは、直感、集中力、記憶力の促進、精神的ストレス、混乱の改善によいとされ、

マインドをクリアにして、高血圧にもよいとされます。

サンスクリット語の「封印」を語源としていて、エネルギーを閉じ込めて、活用できるようにするためのものだといわれています。

ヨガのポーズで後ろで手首を掴んだりするポーズの時は、チンムドラーにすることをオススメしています。

それは、エネルギーを封印するという意味も込めて。

さて、ムドラーには、たくさんの種類があります。それぞれのムドラーに、それぞれの意味があります。

マインドフルネス瞑想では基本的には、スカーサナか蓮華座で座り、親指と人差し指の先を結んで輪っかをつくり、ほかの3本の指は、下にまっすぐに伸ばします。

掌を上に向けます。

椅子に座った時も同様です。

ヨガはサンスクリット語の結ぶ、繋ぐという意味である“ユジュ”が語源ですが、

親指は神様や宇宙を表わし、人差し指は自分の精神を表します。 

チンムドラーは、

神様と自分の精神を結ぶ印とも言われています。

5本の指はそれぞれ象徴的な意味を持っています。

・小指は「タマス(暗い・重いなどの特質)」

・薬指は「ラジャス(活動的・落ち着きがないなどの特質)」

・中指は「サットヴァ(明るい・軽いなどの特質)」

の3つの性質を表しています。

そして、

・人差し指はアートマン(自我・真我)

・親指はブラフマン(神・梵・最高原理)

を表しています。

人差し指と親指が結びついている状態は、ヨガの究極的なゴール、真我と最高我との合一を表しています。

これが、ヨガの最終ゴール地点です。

私たちは、神とも一体であり自分とも一体である存在。

何者でもなく何者でもある。

と言えます。

わたしたちは、

一人称をわたしがにした時、エゴが強くでます。

わたしは、嬉しい。

わたしは、こう思う。

私は、私は、と。

悩みや精神的不安定を抱えている人は、

わたしの想いでいっぱいになっています。

私の伝えたい想い、

私の感じた気持ち

いつも、 

私のことで頭がパンクしそうです。

それは、

周囲のことを考えている余裕がないということです。 

客観的に自分自身を認識することが不可能になってしまいます。

私というエゴの状態から、アートマン(自我・真我)に変えて俯瞰することがとても大切だと思います。

「自分」をやめること、自我意識から自由になることは、真実の自己と心の働きを切り離すことで真に成し遂げられます。それを識別(ヴィヴェーカ)といいます。

つまりは、自分にとって何が大切かの、その価値が見えると、

自然と今まで執着していたものを手放せるようになると思います。

ヨガスートラの名言から

“Do we make a horse open the legs? We must be natural as we are.”

 「馬に開脚させるか?私たちは、自分にとって自然であるべきだ。」

To smile when you fall is much more important than to stand with your one leg.”

「片足で立てることより、転んだ時笑えることの方がずっと大事。」

立ち木のポーズ(ヴリクシャアーサナ、片足で立つポーズ)

ヨガスートラから

好きな言葉で心がふっと軽くなります。

話しがそれてしまいましたが、

姿勢を正して、チンムドラー(ニャーナ・ムドラー)で呼吸を整えてみませんか?

上向きでも、下向きでも、落ち着く方にしましょう。

心が、落ち着くまで暫くそのままでいてください。

繋がる感覚があれば、

それは、

わたしという存在がアートマンとブラフマン 

わたしでもなく、あなたでもなく

空の状態だったと言えるのです。

サマーディに近づく為にまだまだヨガの学びは続きます。

心が折れそうなとき、チンムドラーに意識を向け

繋がりや結ぶを実感しましょう。

om

ナマステ

LINK

書籍

マインドフルネス瞑想で自分らしく生きる!(MyISBN - デザインエッグ社)渡辺有優美(著)

マインドフルネス瞑想で自分らしく生きる!(MyISBN - デザインエッグ社)渡辺有優美(著)

Jasmine

タイブランド Jasmine のプロデュースをしています

タイブランド Jasmine のプロデュースをしています

PAGE TOP