メディテーションブリージングヨガ
Jasmine
渡辺 有優美のブログ

マヌカハニーは、夏風邪予防に🤧

日本は、どんどん暑くなり

気温の差でお風邪を召している方も多いのでは??

是非、おすすめしたい

救世主があります。

こちらは、引いてしまった風邪にも効果てきめんです。

切らしてしまうと、ちょっと不安になるくらい。

お値段は、少し張りますが

抗生剤を飲んだら寝込むより絶対良いです。

最近は、大きいスーパーや健康食品のお店などでも良く見かけます。

マヌカハニーとは、マヌカという植物の花から取れたハチミツのことをマヌカハニーと言います。

もともとハチミツが体に良くて、ある意味、万能薬、医者いらずだと聞いたことがあります。

その中でもマヌカハニーには特別な効果・効能があります。

特に、「ピロリ菌」「ブドウ球菌」「サルモネラ菌」などバクテリアに対する抗菌力が強いです。

この殺菌、抗菌の効果が他のハチミツとは別格で最近注目されています。

では、マヌカハニーの5つの効果をご説明します。

一つ目に、のどの痛みやインフルエンザや風邪の予防に効果を発揮。

皆さんは、インフルエンザ予防は何かされていますか?

緑茶うがいやマスクを着用することや予防接種を毎年受けるという方もいますよね?

わたしは、マヌカハニーでインフルエンザ予防をしています。

まだ一度もインフルエンザにかかったことはないです。

さらに、マヌカハニーは炎症を和らげる効果があるので、のどが痛いときなどマヌカハニーを食べることによって喉の痛みを和らげる効果があります。

また鼻が詰まっている時など、生姜湯やホットミルク、白湯などと一緒にマヌカハニーを飲むことで、鼻づまりを改善したり風邪の治癒に効果的です。

2005年には、シンガポールの研究機関によりインフルエンザウイルスの抗菌に効果があると発表されています。

2つ目に、

日本人の半数が感染しているといわれるピロリ菌にも効きます。ピロリ菌は、胃潰瘍や胃ガンなどの病気の原因となるともいわれていて、人の胃の粘膜に住みつき、除菌治療しない限り、一生住みついている菌です。マヌカハニーはそのピロリ菌に対しても優れた殺菌力を発揮し、病気を予防する効果があります。

胃の調子が悪いときも、空腹時にマヌカハニーを摂取することで症状が緩和・改善する効果が期待できます。

抗菌力の強いマヌカハニーが、傷の化膿を防ぎ、殺菌成分(UMF)がピロリ菌抑制効果もあることもわかっています。

つまり、マヌカハニーの抗菌殺菌作用(UMF)はカタラーゼ酵素の攻撃を受けないため、ピロリ菌など多くのバクテリアに効果を示します。

3つめに、

マヌカハニーは、便秘と下痢、両方に効果があり、腸内環境を良くしてくれる整腸作用があります。

それは、善玉菌のビフィルス菌を増やす作用があるからなんです。

また、近年の研究結果では、マヌカハニーは下痢のほかに、胃炎や消化性潰瘍、消化不良、十二指腸炎にも効果があると言われています。

4.マヌカハニーの殺菌成分が、う蝕を予防したり、歯のエナメル質やその中にあるリン酸カルシウムを不安定にすることを防ぎ、虫歯の予防に効果的だということが分かってきました。

はちみつなのに虫歯予防!!

ちょっと驚きますね。

また、抗菌作用をもっているため、初期段階の虫歯であれば、マヌカハニーの効力を使用してケアしていくことが可能なのです。

寝る前にぺろっと舐めても大丈夫🙆‍♀️

さらに、マヌカハニーは、抗菌力が高いので、口内炎に塗るといいと言われていて、医者でもらう苦い薬をぬるより、甘くておいしいはちみつを塗ることで口内炎が良くなるのであればと、人気の利用方法として知られています。

わたしは、先日口内炎になってしまい地味に痛いというか気になってマヌカハニーを久しぶりに購入して1日3回塗りました。

そのまま口の中の口内炎の患部に置いておくという形です。

塗った数時間後から少しづつ口内炎の炎症が小さくなってきました。

5.つめに切り傷や火傷に効きます。

火傷にはちみつを塗ることは古代から民間医療として行われてきました。

近年の研究でもマヌカハニーは火傷、外傷を起こした場合に感染する緑膿菌の殺菌に効果的であることが判明し、傷口に塗布すれば治りを早くする効果があります。ニュージーランドでは、絆創膏の中にマヌカハニーを塗った商品まで発売されています。

また、マヌカハニーには、抗炎症効果があることは古くから知られていて、痛みを抑え傷口からの分泌物の減少や腫れを抑える効果があります。

急なニキビの炎症にも効きます。

マヌカハニーに含まれる成分は、サプリメントとして摂取しているようなメジャーなビタミンが多く含まれています。

ビタミンB.マグネシウム、ビタミンc、リンなどの成分も含まれています。

①ビタミンB群→ビタミンB群というのはビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、葉酸などをまとめての総称です。それぞれ働きは違いますが相乗効果もあって、肌を美しくしたり、疲労回復などの働きがあります。

②マグネシウム→エネルギーを作り出す為に使われたり、高血圧・高脂血症・糖尿病などの予防や改善の働きを持ちます。また、体内では多くの酵素が体を動かす為に働いていますが、マグネシウムはその酵素の働きをサポートする働きをしています。

③ビタミンC→美容にビタミンCが欠かせないのは多くの人が知っていると思います。お肌を美しく保つコラーゲンの生成に必要なのがビタミンC。また、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する働きや、体が酸化して錆びてしまう事(老化)を防ぐ抗酸化作用を持っています。

⑤リン→ 骨や歯を作ったり、細胞が成長する際に力を発揮します。その為、リンが欠乏すると筋肉が衰えたり、骨粗鬆症などの心配があります。筋肉が衰えると皮膚が垂れ下がり、シワやたるみの原因となってしまいます。

オススメの飲み方としては、

空腹時に一匙(一日1~3回)をゆっくり舐めて溶かします。

ただ、少し味が独特なので苦手な方もいるかもしれません。

そんなときはヨーグルトやコーヒーに入れてもいいし、チーズに塗るのも美味しいですよ。

ちなみにマヌカハニーの抗菌力は熱では壊れません。

なので、生姜湯に混ぜるやホットミルクにもokです。

マヌカハニーは普通の蜂蜜の味と同じだと思って食べると「あれ?賞味期限が切れてるのかな?」と思う人がいるかもしれません。

それはマヌカハニーの味の特徴で、他の蜂蜜と比べると深い味わい・コクがあるような味だからです。

もし”味が美味しければ健康にもいいから食べたいけど、味が合わない”という人は他のものに混ぜて食べる事も出来ます。

食べるタイミングとして理想的なのは食前1時間前、そして就寝1時間に取るのが良いそうですが、

軽い風邪の引き始めの時なんかは、いつでも舐めてます。

一つ注意点があります。

色々な効果効能があるということで話題のマヌカハニーはどれを選んでも一緒じゃありません。

特に選ぶときに重要になってくる「UMF」と「MGO」についてです。

市販されているマヌカハニーには「UMF10+」や「UMF20+」などの数字がついています。

この数字が高いほど抗菌効果が発揮されるとされています。

マヌカハニーの殺菌作用を数値化することで、消費者がどういったものを選べかいいかわかりやすくなっているんですね。

UMFやMGOは数値が高くなればなるほど高価で殺菌作用も高く、よりパワフルな殺菌力を発揮すると考えられているため、UMF25+やMGO550+など理想的にはなるべく高い数値のものを買い揃えたいところです。

でも数値が高ければ高いほど収穫高が少なく、お値段も高くなりますのでまずは続けやすい価格のものを最低でもUMF10+、MGO100+以上の中から選んでみると良いでしょう。

胃のトラブルや歯痛、喉の痛みなどがあるときは、通常よりもレベルの高い商品を選ぶことで効果が実感できます。

最後に変わり種でオススメするのは、

マヌカハニーパックです。

マヌカハニーにはニキビなどダメージをうけたお肌の細胞部分を補修し、肌荒れを改善する効果があり、保湿力もあるため、フェイスパックとして使うのがオススメです。肌の潤いを保つ効果があり、肌に水分を与えて潤います。シワ予防にもなるのでたまに贅沢にマヌカハニーパックをしています。

パックした後顔を洗うと本当にツルツルになりますよ。

注意❌1歳未満のお子様にはあげないようにだけ注意してくださいね。

ちょうど今日は、友人が夏風邪をひいたというのを聞いたので

マヌカハニーについてまとめました。

近くに売っているお店がなければi harbで購入できます。

i harb 凄い!!

om

shanti

マヌカハニーについて

LINK

書籍

マインドフルネス瞑想で自分らしく生きる!(MyISBN - デザインエッグ社)渡辺有優美(著)

マインドフルネス瞑想で自分らしく生きる!(MyISBN - デザインエッグ社)渡辺有優美(著)

Jasmine

タイブランド Jasmine のプロデュースをしています

タイブランド Jasmine のプロデュースをしています

PAGE TOP